通信教育 Z会で中学受験

中学受験のメリット・デメリット

学校

よく言われるメリットは、
「学力がつく」「学習習慣がつく」「中高一貫校に進むことで大学進学しやすい環境になる」
「公立中に比べて学校の面倒見がよい」
などです。

 

指導要領が改定され、いわゆる『ゆとり教育』で教えなくなった内容も復活しました。
でも、公立中では教える内容に制限があるのは事実です。

 

昨今、特に、家庭学習している子としていない子で学力格差が大きくなっています。
できる子、できない子の二極化現象が起こっています。
入試問題は中学過程で学習する内容も出題されますから、
中学受験する子としない子の学力差は2〜3年分あるといえましょう。

 

また、反抗期真っ盛りの中学生になる前に、勉強習慣がついてよいとおっしゃるご家庭もあります。

 

一方、デメリットもあります。
まず、大きいものが金銭面です。受験勉強だけでも費用が掛かります。
私立中高に進学すると、授業料のほかに、交通費などもかかります。

 

次に、小学生のうちから過度の勉強により、時間が削られます
他の習い事ができない、少年スポーツなどに打ち込めないことがあります。

 

また、中学受験は浪人できません。
私立受験に失敗した場合は、公立中学に進学することになります。

 

中には、受験に失敗して「仕方なく公立へ進学」という現実を認められない親御さんもいます。
それがもとで家族仲が悪くなったり、最悪の場合、引っ越しや越境してまで地元の公立中学に通わせない親御さんもいるほどです。

 

合格できたとしても、偏差値だけで安易に決めてしまった場合、入学後に「こんなはずでは…」となる場合もあるようです。
学校があわず、せっかく入学した私立中から公立中へ転校するケースもあるようです。

 

志望校は、しっかり検討してから決めましょう。