通信教育 Z会で中学受験

親の自己満足に終わらないために

中学受験は、小学校課程で習うべき以上の勉強が必要なため、小学生のお子さんだけで勉強を進めることは難しいです。
高校受験や大学受験に比べ、親の力は必要となります。

 

塾に通っていても、塾にまかせきりで成功する場合は少ないようです。
まして、通信教育のように、自宅学習中心では、親子関係が非常に大切になってきます。

 

親は第三者的な視点を持ちながら、時に熱く、時に冷静に、子どもをリードする必要があります。
(なかなか冷静に、というのが難しいのですが・汗)

 

子どもに対する過剰な期待から、模擬試験での偏差値のアップダウンに翻弄させられることはあるかもしれません。
が、無理な学習計画、無謀な志望校を子どもに課してしまってはいけません。

 

親が子どもの学習状況をきちんと把握し、無理のない学習スケジュールをたてましょう。

 

よりよい環境に進むための中学受験です。

 

志望校合格のための受験勉強で、小学生での暮らしの全てを犠牲にするようなことを、親が無理強いしてしまっては本末転倒。
バランスのよい人に成長していくためには、受験勉強だけではなく、遊びやスポーツなど小学生らしい暮らしも必要です。