通信教育 Z会で中学受験

中学受験ってどんな入試科目があるの?

テスト

一般に、国語算数理科社会四科目を課す中学校が多いです。

 

首都圏では、国語、算数の二科を課す学校もありますが、近年二科目から四科目へ受験科目を変更する学校も増えました。
私立中学が密集する首都圏エリアでは、四科目を学習することで、受験校の選択肢が広がります。

 

近畿圏でも、兵庫県を除くエリアでは、国語、算数、理科、社会の四科目を課す中学が多いです。

 

全国的に有名な灘中学では、社会を除く三教科です。
その影響か、灘中がある兵庫県では、国語、算数、理科の三科目を課す中学が主流です。

 

近年、大阪京都の私立中でも、三科目受験に変更になったり、三科目と四科目を選択可能になってきました。

 

中学によっては、受験科目に傾斜配点を行っているところもあれば、全科目に均等な配点を行うところもあります。

 

中学受験に向けてしっかり学習することは当然のことですが、
受験する学校によっては、得意科目の配点が小さくなっていて他の受験生との差がつきにくい、
逆に苦手科目の配点が大きくなって不利になる、といった事もあります。

 

試験内容が変更になる場合もありますので、事前に、志望校の入試科目配点などの最新情報を中学校の公式サイトなどで確認しておきましょう。