通信教育 Z会で中学受験

第三子 3年生

第一子が私立中学校に通学している様を見て、私立中にあこがれを持った第三子。
あこがれている理由は、制服かっこいい、定期がかっこいい、携帯電話を持っていていいな♪ などですけど(^_^;)

 

親としては、以前は私立中学をぜんぜん考えておらず、公立中に進むものだと思っていました。
もののはずみで第一子が中学受験し、自分の子どもが私立中に通いだすと、公立にはない良さを感じるようになりました。

 

でも、第二子は、お友達といっしょがいいと地元の公立中に進学しました。
地元中は、以前は荒れている時期もあったようですが、今は落ち着いていると、近隣でも評判は良い方でした。
それで安心して、第二子を入学させたのですが。

 

部活内で、イジメがあり(うちの子は、加害者でも、被害者でもありませんでしたが…)
その時の学校側の対応に不信感をもったため、第三子も私立中に進ませたいと思うようになりました。

 

第一子と第三子は6歳違い。
Z会中学受験コースの4年生コースから参入した第一子は、そりゃもう大変でした(涙)

 

それに比べれば、第三子はずっと楽。
私も勝手が分かっていますからね、受験のフォローも楽勝♪

 

と、そんな風に考えていた時期が私にもありました…(遠い目…)
何もわかっていない、愚か者でした…orz

 

子ども一人一人、課題が違うということに気が付いていませんでした…orz

 

第一子は自分から受験を望んだので、やる気はありましたもの。
理解度や集中力などはいまいちでも、コツコツ学習することができてました。

 

第三子はねぇ…。よく言えば、芸術家タイプですから(棒読み)
創作活動(お絵かきとか、工作とか)に勤しんでしまって、勉強していると思ってもいつの間にか違うことをしている。
それを止めても、空想の飛躍にのり、魂がどこかへ飛翔してしまうんですよ(やけ)

 

要するに、勉強に対して集中できない…orz