通信教育 Z会で中学受験

Z会中学 中高一貫校に入学したら、塾なしでも大学受験できる?

中高一貫校に入学したら、塾なしでも大学受験できる?

Z会,栄光グループ,ディアロ,Dialo

中高一貫校は大学進学に有利?

中高一貫校のメリットでもご説明しましたように、中高一貫校は、6年間の教育でカリキュラムが組まれています。

 

高校受験対策が必要な公立中学校と違い、中高一貫校では、最初から大学進学を目的にカリキュラムが組まれています。

 

また、大学附属高校でなくても、指定校推薦などの数も多いので、大学進学に関しては公立中学校に進学するよりも有利といえます。

 

ただし、完全に学校におまかせで、希望の大学に入学できるかどうかは分かりません。

 

中高一貫校でも、塾にいく生徒は多い

中高一貫校のなかには、シバラスが明確で、しっかり補習をしてくれる「面倒見がよい」といわれる学校もあります。

 

一方、御三家とよばれる進学実績のよい学校や伝統のある私学では、特に補習などはないところが多く、塾へ行く生徒も多いようです。

 

過半数以上が系列大学に進学できる附属校でも、必ずしも希望する学科に進学できるとは限らず、そもそも志望する学部や学科がない場合もあります。

 

そのような学校では、系列大学以外の大学受験の対策は用意されていないことが多いので、自分で勉強を進める必要があります

 

中学受験を経験した方のなかには、塾に行くことが当たり前で、中学入学してもすぐに塾に通い始めるお子さんも多いようです。

 

安易な塾選びは危険

とはいえ、早くから塾に通うことは、必ずしも効果的とは限りません

 

中高一貫校では独自のカリキュラムをとっているところも多いです。

 

塾のカリキュラムとあわないため、学校の勉強と塾の勉強と2重にしなければならず、お子さんの負担が大きくなります。

 

時間にも、精神的にも余裕がなくなり、学校任せ、塾任せになってしまう危険性もあります。

 

これでは、自分で考えて学習する習慣が身につきません。

 

まずは、学校の授業を大切にしましょう。

 

その上で、お子さんが希望する進路や大学を考慮し、必要に応じて、塾を選びましょう。

 

大学受験に向けて塾を選ぶなら

 

大切なのは、自ら考える力です。

 

“21世紀型学力育成”大学受験ディアロ、無料体験!



 

勉強しているのに、テストで点がとれないのは、理解に「すき間」があるから。

 

何が分かっていて、何が分かっていないかを確認し、自分に必要なものは何かを考え、学習していく必要があります

 

変わる大学入試

2020年度からは、センター試験に代わり、「大学入学共通テスト(仮称)」がスタートします。

 

新テストの詳細は、まだ議論・検討中ですが、思考力・判断力・表現力を中心に評価することを目的としています。

 

文部科学省は、大学入学者選抜について

  • 多様な背景を持つ受検者一人一人の能力や経験を多面的・総合的に評価するものに改革すること
  • 今後、各大学の入学者選抜方法を、『学力の三要素』を多面的・総合的に評価するものへと転換することが必要

としています。

 

「学力の三要素」とは、

  • 知識・技能
  • 思考力・判断力・表現力
  • 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度(主体性・多様性・協働性)

です。

 

従来の入試は、三要素のうち「知識・技能」が重視されてきました。

 

今後は、三要素を偏りなく評価すること、そのために多様な選抜方法を実施することが求められていきます。

 

思考力・判断力・表現力をより重視した「大学入学共通テスト」が導入されるのもそのためです。

 

必要となるのはアウトプット力

思考力・判断力・表現力を偏りなくつけていくには、先生が生徒に教えるという従来型の一方向の学習ではなく、生徒自らがアウトプットする学習が必要です。

 

テキストを読んだり、先生の話を聞いたりして知識をインプットした後、理解した知識を書いたり、話したりしてアウトプットしていくことで、得点力が向上していきます

 

Z会と栄光グループで「21世紀型学力」を育成する【大学受験ディアロ】

ディアロとは

ディアロdialo)」とは、ギリシア語の「dialogos(ディアロゴス=対話。英語ではdialogue)」を語源としたブランド名です。

 

先生が生徒に一方的に教えるのではなく、学習に伴走するトレーナーと双方向の対話(dialogos)を大切にし、生徒の合格力を引き出すことを目的としています。

 

東大はじめ難関大に合格を出し続け、2015年オリコン日本顧客満足度ランキングでNO.1になったZ会、日本最大の会員数を誇る栄光ゼミナール初めての合資会社です。

 

合格力を引き出す! ディアロの3つの特長

Z会映像授業でインプット

知識の習得(インプット)は、速く確実に行うことが一番。

 

ディアロでは、Z会の映像授業を利用します。

 

映像授業は、東大・難関大入試を知り尽くした、Z会の教室の精鋭講師陣による授業です。

 

考え方や解き方の根本から、合格点がとれる解答の書き方まで、難関大学入試に通用する力を身につけることができます。

 

「対話式トレーニング」でアウトプット

成績アップにつなげるには、インプットした知識を使う(アウトプット)が大切です。

 

ディアロの個別トレーニングは、「対話」を重視した対話式トレーニングです。

 

映像授業を学習後、インプット状況をトライアルで確認し、学習トレーナーとの問答を通してアウトプットベースのトレーニングを行います。

 

コーチング理論で対話を導く「ディアロ・トレーナー」

ディアロの講師は、「講師」ではなく、「トレーナー」と呼ばれます。

 

生徒とは上下関係ではなく、対等に「対話」する、常に横に立つイメージです。

 

入試に必要な解答力のみならず、社会で価値ある存在として活躍するために必要とされる力、発信力

 

発信力は、講師が「与える」のではなく、トレーナーと対話することで「引き出す」のです。

 

ディアロトレーナーは、日本スクールコーチ協会監修ディアロ研修プログラムをうけています。

 

知識を引き出す訓練を積んだものだけが、ディアロトレーナーになれるのです。

 

今なら、夏の速割キャンペーン実施中⇒“21世紀型学力育成”大学受験ディアロ、無料体験!