通信教育 Z会で中学受験

親がやるべきこと

中学受験を考える際、一番に気になることは「お金」のことですね。
私立中学受験には、受験対策に伴うお金や入学試験受験料、入学時のお金、入学してからのお金などが必要になります。
これについては、中学受験にかかる費用に書きました。

 

お金のことは大切なことですから、しっかりお考えください。
なんとなく中学受験の勉強を始めてみたものの、金銭的な理由から途中で受験を断念、などということがあっては、お子さんが気の毒ですから。

 

とはいえ、お金のことは分かりやすいので、対応しやすいです。
お金以上に大変なのは、中学受験に際して、家族、特にご両親、夫婦の意見を一致させておくことです。

 

よくあるのは、お母様が中学受験を決めたものの、お父様は反対で、
子どものモチベーションが下がってしまうという話。

 

中学受験は、小学校課程で習うべきこと以上の学習が必要です。
どうしても、子どもに一定の負担はかかります。

 

大抵の場合、お子さん1人だけでは学習を進めるのは難しく、お母様が学習の管理をすることが多くなるでしょう。
受験勉強が進むほど、親子ともども負担が大きくなってきます

 

時には、親子げんかに発展することもあるでしょう(うちも、身に覚えがあります…汗)
その時に、ご夫婦で意見が違うと、お子さんは「受験反対派」のお父様について、安易に勉強から逃げ出しちゃうこともあるかも。

 

家庭内での意見の不一致は、受験に好ましい環境とはいえません。
家族一致のバックアップが、合格への大きな力となります。
家族