通信教育 Z会で中学受験

Z会中学受験コースで中学受験

キャッチ

国私立中学受験は、小学校での学習課程とは違う問題が出題されるため、
中学受験専門の進学塾を検討されるお宅は多いと思います。

 

でも、塾の場合、帰宅時間も遅くなりがち。
防犯上の心配や、時間的拘束から他の習い事やスポーツとの両立も大変ですね。

 

自分のペースで進められる、自宅学習という方法もあります。
自宅学習なら時間の融通がききやすいので、習い事との両立もしやすいですね。

 

本サイトでは、通信教育のZ会を利用して中学受験をした体験をまとめています。

悩み


私がZ会をお勧めする理由

Z会といえば、通信教育の老舗として定評があるところですね。

 

「考える人は、未来をつくる」の理念のもとに、「考える」力を重視した教材、添削。
東大・京大をはじめとする難関大学合格において、圧倒的な実績を生み出しています。

 

そのZ会が中学受験コースを開始!
コース開設後、数年ではありますが、難関校への合格実績も出ています。

 

Z会の良さは、先へつながる力。自学自習の精神。

 

もともと大学受験から始まったZ会ですから、中学受験にとどまらず、
大学受験への布石を意識した教材作りになっています。

 

市販教材と違い、毎月テキストを発行している通信教育だからこそ、データの更新が多いです。

 

社会の統計などは、特に新しいデータで学習したいですね。
また、最新の入試傾向にもすぐに対応してくれます。
教材の信頼度が高いですね。

 

通信教育は、自宅で一人で学習するため、孤独になりがち。

 

Z会の会員サイトでは、添削ランキングでほかの会員と競うこともできますし、
受験に必要な情報を得ることもできますから、孤独感がなくなりますよ。

 

 

>>Z会小学生コースの詳細についてはこちらをクリック

Z会中学受験コースは難しい?

難関校に対応する教材ですので、簡単ではないです。

 

ですが、3年生からのスタートの分、助走期間はあります。

 

先につながる力をつけるため、単なる漢字や計算練習にとどまらず、
思考力を強化するための「考える」「書く」問題となっています。

 

理科、社会では、実験などを含めた「体験学習」があります。

 

3年生では、あまり教材の量は多くありません。
量よりも質を重視した教材となっていますので、もしかしたら、物足りなく感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。
でも、ひとつひとつ丁寧に学習していく事で、先々、学習するための基礎「体力」をつけることができるでしょう。

 

3〜4年生では、お子さんをサポートするために保護者向きの「サポートブック」も付きます。

 

学年が上がるに従い、教材の質も量もアップしていきますが、教材をひとつひとつ丁寧に学習していけば、こなせないことはありません。
そして、6年生になった時、それまでの基礎「体力」の効果を実感することでしょう。